はじめに 自己紹介とフィリピン留学のポテンシャル

そもそもワラウッシって 何者?

フィリピン留学で2校 インターン(留学エージェント + 語学学校運営サポート) +正規留学 をやっていたワラウッシと申します。通算で半年以上フィリピンセブ島で生活していました。今も横のつながり結構あるので、なんだかんだ情報量はかなり持っています。

また 欧米圏でESLのグループレッスンも受けたこともあります。

ご存じかもしれませんが 欧米圏のESLって、グループレッスンですし、

レッスン自体が日本人向けでなく、文法は超簡単で聞く意味ほぼ無いレベルなのに、ライティングやスピーキングは授業についてけなくて アンバランスと言うか凄い非効率に感じました。 英語を勉強する場合最近優れた 殆どのレベルの方に取り、独学のがずっと効率的だと思ったのが本音です。

フィリピンの留学は価格面のメリットもですが

・英語がゆっくりで発音も明瞭で初級者でも十分聞きやすい

・マンツーマンレッスンが殆どで 自分のペースでガンガン話す訓練ができる

点で 大変優れた環境であると思いましたし、東南アジアのカオスな雰囲気は

欧米圏より刺激的で大変面白いと感じました。

また上級者でも満足できるカリキュラム・講師を揃えており学校を適切に選べば初級者だけでなく、上級者にも大変オススメできる環境であると感じました。

どれくらいフィリピン留学を知ってるの?

半年以上語学学校の生徒と関わりながらフィリピンに滞在していたので、生活面や犯罪面などの生活面の基本的なことなら答えられます。また元々はサポート業務していたので 留学手続き等も当然頭に入ってます。

実際行っていた2校については当然かなり詳しく知ってますし、エージェント業をやっていた関係で、学校経営者にインタビューしたり、評判を聞くことは多かったです。一応自分もアジア就職レベル以上の英語力を持っているので、聞いた評判や、カリキュラムなどを見て英語力が伸ばせそうかどうか?はある程度判断しています。 そういった意味では、フィリピン留学に興味を持った方にはある程度力になれるのかな?と、思います。 ただ、先ほど述べたように、私も語学学校全てのことを詳しく知ってるわけではありませんし、そもそも語学学校は、数年でスタッフが入れ替わり、学校の雰囲気や対応もガラッと変わってしまうので、私が持っている情報自体と齟齬が出てくることもあります。

そういった意味では、読者の方にどんどんと指摘を受けて記事の内容を洗練させていきたいと考えています。 

そういう意味も込めて 一緒に考えるブログとしています。

最後にフィリピン留学を成功させるためには

グループレッスンと比較してマンツーマンレッスンを受けると、自分が発言したり、直接の指導を受ける時間がフルに使えるので、確かにその環境を活かしきれば、飛躍的に英語力を伸ばすことが可能です。 そういう意味では、他国ではなく、フィリピン留学に着目するのは非常に良い選択肢だと確信しています。

ただ、以下のような点を理解してないと、期待したような成果が得られないまま、留学期間が終了してしまったり、学校や現地の生活が合わずに途中帰国するというようなことにも陥ります。 そういったミスマッチを防ぐためにも

1. 最低限の文法・単語などの基礎知識は日本で習得する。

2. 生活面や治安などについてはネガティブな情報をしっかり収集して、自分なら耐えられそうか考える。

3. 英語の習得には時間がかかる。マンツーマンレッスンに過剰な期待を抱かない。

4. 日本人向けのカリキュラム・住居・食事が提供されている学校を選ぶ。

ことを理解していれば、フィリピン留学のポテンシャルを十分に恩恵を受け、満足した留学生活を受けて頂ける可能性は飛躍的に高まると確信しています。

そういった人たちが増えて、フィリピン留学が盛り上がっていけば、良いなぁと思っています。

実際私も1校目はまともなカリキュラムも無いような学校でしたし、エージェントの部署に移ってからは、問い合わせを3人分くらい対応するために、情報収集したり、営業を手伝ったりしないといけなかったので、残業も多く殆ど勉強に集中できなかったので英語力をあまり伸ばすことができませんでした。

しかし、その時に問い合わせがきっかけで、語学学校に詳しく調べて、体験レッスンを受けさせて頂くなどして

選んだ2校目は

It’s a match made in heaven!!!

と言いたくなるくらい、素晴らしい環境で学習に集中できたので英語力も伸ばせて非常に満足できる留学ができました。

読者の方もそう言えるくらいの留学ができるお手伝いができたらなぁと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加