留学体験談を参考に語学学校の選び方について考えてみる。

留学体験談を参考に語学学校の選び方について考えてみる。

学校の絞り方・選び方に悩んでいたらこの体験談を参考にしてみよう。

フィリピンの語学学校は数百校あると言われていて、例えば一番紹介している学校の多いSchoolwithを見ると

 全世界で3971校、フィリピンだけでも183校もあります。ただし、倒産した学校も一部含まれていますし、提携していない学校もあります。

実際にはTESDA,SSPと言った政府の認定を受けてないもぐりの学校もあるのでフィリピン全体にある語学学校の数はわかりかねますが、200~300校くらいあるのでないかと言われています。

 

 それだけの数の学校の中から 自分のレベル・予算・趣向などにぴったり合った学校を選択するのは至難の業です。 大多数の人にとっては1生に一度あるかないかの留学なのですがどうやって自分にあった留学先を選べばいいでしょう? そのために非常に参考になる体験談があったので、それを見ながら一緒に学校の選び方について考えていきましょう。

 

行きたい学校を絞り込むために、この体験談を読もう!

やる夫
やらない夫~。英語の文法の基礎的な部分はある程度定着した手応えがあるから、フィリピン留学行こうと思うお。去年やらない夫は行ってたおね?
やらない夫
そうだな。俺は去年フィリピン留学に行ったが、留学前はあまり時間かけられなくてな。検索して出てきた学校を数校調べて良さそうなところに行ったんだが・・・
やる夫
そういえば、勉強に集中したかったけど雰囲気が合わないとか、先生もイマイチな人が居たりで満足しきれなかったって言ってたおね。
やらない夫
そうなんだ。ただ、マンツーマンレッスン自体は非常に優れていると感じたし、学校の生活自体はなんだかんだ楽しかったから、俺なりに色々とフィリピン留学について調べなおしたんだ。実際今年も俺は行こうと思ってる。
やる夫
そうなんおね。折角だし調べたことや学校を選びなおすとしたらどうするか教えて欲しいお。
やらない夫
任せろ。そうだなこのインタビュー記事は学校を選ぶときの考え方とか行動は非常に参考になるし、レベル的にもしっかり基礎ができている方だから、授業やカリキュラムの感想自体も非常に信頼できるから、一緒に読んでみよう。

 

最初に行こうとしたのは、東京に支社があるサウスピークです。僕が調べた限り、日本に窓口があるのはサウスピークだけで、新宿まで行って話を聞きました。話を聞いたら、すごく説得力があって、入学する間際までいきました。でも、ちょっと流れに身を任せている気がして、一回立ち止まったんです。

やらない夫
長期戦で真剣に英語を学びたいからこそ、しっかり学校を選んでいるのがわかるな。ベースもかなりしっかりしてるのに、長期で真剣に学ぼうとする姿勢には頭が下がるな。
やる夫
そうおね。自宅の近くに、実際に体験レッスンが受けられたり、カリキュラムについての詳細がわかる場所があるなら、実際に確かめてみたほうがいいおね。
やらない夫
そうだな。長期留学で家から通える距離なら実際に受けてみるのが一番いいだろう。実際に東京だと体験レッスンが受けられる学校は何校かあるな。これはまた別の機会に話すとしよう。東京から遠い人にとっては行くのも大変だしな。

僕は医師だったので、セブの医学部に隣接しているCDU-ESLの日本窓口にメールしました。具体的な成果が掲載されていなかったので、何ヶ月間留学してどんな結果が出ているのかとか。入学の基準があるのかとか確認したんです。でも、返事が来なかったので、やめました。

やらない夫先生
真剣に英語を勉強したいなら、短期留学だろうが、こういうカリキュラムや講師のトレーニング、具体的な成果など到達点に関する遠慮せず質問すべきだろ。
やる夫
だお。やる夫も学校のHPでカリキュラムや教材などを確認して、不明な点はしっかり問い合わせようと思ったお。

半年間なので、生半可な気持ちではやりたくなかったので、しっかり調べて、実際に学校を見学をして決めようと思いました。それで、まずウェブサイトで情報を集めたんです。そのときに、フィリピン留学ラジオを見つけました。

 

やる夫
長期留学希望者とはいえ、現地まで見学に行くっていうのは中々できないことおね。でも、現地の雰囲気含めてミスマッチを避けるには最善の方法だお。
やらない夫
そうだな。実際に現地に行くにしても留学する地域を絞って、行きたい学校を数校くらいまで絞る必要があるな。そういう意味では、信頼できる友達に聞くなり、体験談を読むなりして目星をつける必要がある。
やる夫
ドクターさんも仰っていたけど、フィリピン留学を紹介してるサイトも沢山あるから、その中から自分に合う体験談やサイトを探すだけでも一苦労おね。
やらない夫
そうなんだよ。正直1週間とかの短期留学なら、そこまで時間かけて信用できそうな口コミ探すのも馬鹿らしいだろ?そのことが学校選びの難しさを増長してる部分はあるな。その中でも留学ラジオは実際にインタビューした音声を載せて、ネガティブなことも含めて載せているから、信頼度は高いな。
やる夫
ドクターさんも留学ラジオを一番参考にしていたと仰ってたおね。確かに凄く臨場感ある体験談だお。
やらない夫
俺が以前留学した学校のインタビューを見ても、留学ラジオのインタブーは実際の雰囲気にかなり近いと思ったな。

 

 

調べているうちにセブってどうなんだろう?って思ってきたんです。「需要に対する供給の割合」が気になったんです。フィリピン人の人口は多いけど、それは首都のマニラで、各島にはそれほど人数はいないでしょ。にも関わらず、セブにたくさんの学校が建設されていることに疑問を持ったんです。フィリピンで最も優れた大学は、マニラにあるフィリピン大学ですよね。そう考えると高いレベルの講師が果たしてセブにいるのかなと。優秀な人材がマニラからセブに行くだろうかと。人件費の問題とかを、自分なりに考えました。

フィリピンの大学ランキングの上位はほとんどがマニラの大学です。だけど、マニラにある語学学校は10校ぐらいなのに、セブには100校近く語学学校がありますからね。

 

 

やらない夫
初めての学校選びなのに、ここまでしっかり考えて選択されているとはな。脱帽して敬意を表するだろ。ただ、バギオやセブなど他の地域の学校でも待遇面やトレーニングをしっかりして、素晴らしい講師やカリキュラムを擁している学校はあるがな。
やる夫
学校見学をする前から本当にしっかり考えてるおね。これだけ考えて見学先選んだらミスマッチも無くていい学校を選べると思ったお。

 サウスピークは若い学生が多くて、1日の自習時間が規定されているんですよね。僕は勉強は得意なので、勉強なら日本でできると思ってしまった。授業時間が少ないのも気になりました。他の学校は6時間とかだけど、サウスピークの授業は最大4コマなので。もちろん質は違うとは思うんですけど。

やる夫
確かにその通りだお!!最初はTOEICの参考書を読んでも、解説すらチンプンカンプンで無理ゲーだと思ってたけど、しっかり単語・文法を固めたら、参考書の解説もしっかり理解できるし、自分でしっかり勉強すればもっと点数伸ばせる手応えつかんだお!!
やらない夫
それはやる夫がしっかり勉強してベースができたからこそ言えることだな。ベースができてくると、そう思う方は少なからずいるようだな。こういう体験談も参考になるだろう。

 

 体験授業で一番辛かったのがクオールでした。鼻をへし折られました。僕は傲慢な性格なんです。TOEICは全然勉強していないのに700近く取れていますし、自信たっぷりで、文法完璧みたいな感じで行ったら、酷い言われようでした…。

 

やる夫
文法とかのベースがしっかりした方でも、コテンパンにされるんかお!!それだけ負荷の高いレッスンだったらやる夫も是非受けてみたいお!!こんなレッスンなら英語力間違いなく伸びるお!!

 

やらない夫
全く同感だな。マニラのベテラン講師の力量はまさに一騎当千だな。新規校ながらカリキュラムに支持者が多いサウスピークのレッスンよりも強烈な衝撃を与えているというのはすさまじいな。
やる夫
Quoollレッスン風景があがってるお。一緒に見てみるお。
やらない夫
おっそうなのか。それなら一緒に見てみよう。

 

やらない夫
凄いテンポとスピードで話してるだろ。俺が言ってた学校のカランとは雲泥の差の負荷だろ!!これは体験談で言われてるようにかなりきついぞ。
やる夫
レッスンのテンポが早くて日本語で考える暇も無いし、喋るスピードもTOEICより早いから、これはリスニングとスピーキング力がかなり鍛えられそうおね。やる夫はここに行きたいお。
やらない夫
だな。料金見ても格安だし、食事も美味しそうだから俺もここに行くか。

 

Quooll への問い合わせはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加