良く語学学校が売りにしているどんな科目でも好きに選べるっていうのは本当に自分の伸ばしたいスキルを効率的に伸ばせるの?

良く語学学校が売りにしているどんな科目でも好きに選べるっていうのは本当に自分の伸ばしたいスキルを効率的に伸ばせるの?

好きな科目を選択をできるのは一見メリットのようだが、うまく機能させるのは困難!!!

 

自分で好きな科目を選択できる、学校って自分の苦手な科目を、授業を受けながら柔軟に変更できるフルオーダーメイド科目を謳い文句にしている学校は多い。

一見すると、自分の伸ばしたい科目を選んで重点的に授業を受けられるのは効率的に見えますが、実際にはまともなカリキュラムの無い学校が、それを謳い文句にしている場合もあるので注意(出会いや観光面を前面に推し出している学校にそういう学校が多い)

 

何を隠そう私が最初インターンに行った学校がフルオーダーメイドを謳っていたのに、実際はなまくらカリキュラムで英語力を伸ばすのに失敗したからです。 

その反省も踏まえつつ、やる夫君とやらない夫君に自由に科目が選択できるフルオーダーメイド科目の問題点について話し合ってもらいましょう。

 

やる夫
やらない夫~。今度の夏休みは英語力を鍛えたいから、1ヶ月位フィリピン留学行こうと思っていているんだお。この好きな科目を選べるフルオーダーメイド科目の学校なんて良さそうじゃないかお?
やらない夫
ん?? やる夫はどうして、フルオーダーメイド系の学校に興味を持ったんだ?
やる夫
やっぱり最初はスピーキング中心に練習しまくって、慣れてきて上達を感じられたら、ビジネスイングリッシュとかも挑戦して就活でアピールしまくるつもりだお? 自分で科目とれなきゃこんなことできないじゃないかお?
やらない夫
あーちょっと待ってくれやる夫。俺の知り合いがフィリピン留学行って、まさに同じような理由でオーダーメイド授業を売りにしている学校に留学したそうなんだが、英語力が伸びなくて後悔してたぞ。
やる夫
えっ!?そうなのかお??
やらない夫
その学校は特にひどかったみたいなんだが、先生が持ち込んだような違法コピーの古い教科書を使っていて、レベルごとの接続も無かったから、実質カリキュラムが無いような学校だったらしい。どの科目も自分のレベルと全く合わないような筆舌に屈しがたい内容で、英語力を伸ばす以前の問題だったらしい。
やる夫
そんなんだったらわざわざフィリピン留学する意味ねーじゃねーかお。でもそんな悪質な学校は一部だお?
やらない夫
実際には、英語学習について素人の経営者がやっている学校も多く、そういう学校は違法コピーを使っていることが多い、そういう学校がどんな科目でも好き選べるというのを謳い文句にして、中身がスカスカなのをごまかしているようなパターンがあるな。幸運にもそういう悪質な学校を避けられたとしても本当に伸ばしたい能力を効率的に伸ばせるかは疑問だな。
やる夫
えっ?単語とか文法をある程度覚えていたら、あとはマンツーマンレッスンで喋りまくっていて、飽きない程度に時々別の科目を入れてコツとか教えてもらいながら勉強すればいいと思っていたお???
やらない夫
やる夫が英語学習について、自分なりに良く考えているのはわかった。でも学校経営・教える側の視点で考えてみると良くわかるんだが、殆どの学校は入学してからレベルチェックをするだろ。
やらない夫
ということはレベルのチェックして、遅くても次の日には、自分が要望したレッスンをするわけだろ?仮に先生にやる気があって準備をしたとしても、生徒一人一人の要望にしっかり応えた授業をするのは難しいだろ。ほかの生徒も教えているわけだしさ。
やる夫
!!!確かに言われてみればそうだお。でも、自分の好きな科目を取って勉強したほうが、そのスキルについては伸びるんじゃないかお?
やらない夫
ああ確かにそう思うのも無理はないな。例を挙げて一緒に考えてみよう。例えば英語のスピーキングをするにしても話すためには少なくとも単語とか、文法の知識がないとまともな文章はできないだろ?少しマニアックな話をすると、正しい発音ができることはスピーキングだけじゃなくて、リスニングにも効果絶大だしな。発音矯正は独学が難しいから、なおさらカリキュラムと講師のトレーニングがしっかりした学校の方で受けるべきだしな。こういう風に英語の4技能はあらゆるスキルが密接に関わっているから、単純に会話力を上げたいからと言ってスピーキングばかりしていればいいという問題じゃない。
やる夫
確かにそうだお!!!自習できる単語や文法はともかく、発音は本読んで練習しても、合ってるかどうかさっぱりだから続かなかったお。
やらない夫
だろ? そういう意味では、英語の上達する過程については知見も経験も素人の俺たちが、自分で好きな科目を取りまくって、本当にしっかりと英語力を上げられるかという疑問があるな。実際そういう学校で留学を経験した人たちをみても会話に慣れた程度で劇的な成長ができなかった人が多いしな。
やる夫
言われれてみれば全て納得できるお。でもフルオーダーメイドカリキュラムって凄く贅沢なのに、それを活かせる学校や生徒のパターンは無いのかお?メッチャ勿体ないと思うお。
やらない夫
特定の職種など限定的なシチュエーションで使う英語を学びたい生徒なら有効に使えるだろ。フルオーダーメイドでしっかりした学校ならPICOはオススメだろ。渡航前にネイティブの講師とスカイプで留学の目的やレベルをきっちりチェックしてからカリキュラムを決定してるし、授業の引継ぎもしっかりしているそうだしな。万が一カリキュラムについてアレンジしたい場合も相談に載ってもらえるだろ。非常にしっかりした良い学校なんだが、マニラのアラバンと言う一等地にある学校ということもあり、値段が高いのがネックだがな。そういう意味では社会人向けだろ。
やる夫
冷静になって考えてみるとやる夫は、仕事とかの特殊なシチュエーションの英語は必要ないお。そして好きな科目を選択するメリットも見いだせないから別の学校を検討することにするお。
やらない夫
それがいいと思うぞ。まだ学生で、そんな特殊なシチュエーションで英語が必要になることもないだろうから、カリキュラムがしっかりしたところで、学習に専念できる学校を選んで基礎力を固めたほうがいいと思うぞ

 

※やらない夫君が言及してるPICOの体験談はこちらです。

 

長くなったのでまとめ

・実際にはカリキュラムが機能してないような悪質な学校が、好きな科目を取れるオーダーメイド科目を売りにしていることがあるので注意。

・オーダーメイドカリキュラムは、講師・学校側の負担が大きく対応が難しい為、同じ科目を受けた場合どうしても質が劣りがちになるので注意。

・そもそも英語の4技能は、その技能だけ練習したら伸びるという単純なものではないため、学習者が自由に科目を選択して効率よく英語力を磨けるか疑問。

 

やらない夫
科目が自由に選べるオーダーメイドカリキュラムは確かに一見魅力的だが、本当にそれをしないと、自分の英語学習のゴールに辿り着けないかしっかり熟考したうえで申し込んだほうがいいだろ。常識的に考えて。

 

最後にしっかりしたカリキュラムを持ち、そのうえで生徒の多様な要望に応えられる優秀な講師とカリキュラムを持った学校を紹介

科目が好きに選べるオーダーメイドでなくても、実際に生徒の要望に応えられるだけの科目・講師を揃えた優良校を紹介します。 生徒の要望には応えられる限りかなり応えてくれるので、実質オーダーメイドだと言っても過言ではありません。個人的には英語力を伸ばすという観点からは、そういう学校を薦めます。詳しくは一度学校にお問い合わせお願いいたします。

 

1.PICO

・ネイティブ講師との事前スカイプ面談によるレベルチェック・英語学習のゴール設定を行った、希少な価値あるフルオーダーメイドカリキュラム。

・フィリピン人講師では珍しくビジネスマナー・授業間の引継ぎがしっかりしており、短期の留学でも無駄なく学べ、帰国前後もスカイプによるオンラインレッスンで学習を継続が可能。

・立地・治安抜群のアラバンで社会人が多い為、学習に集中しやすい環境。

2.Brighture

・経営者の松井さんと直接skype面談をし、レベルチェックと要望に応じた、レッスンの選定(実質オーダーメイドにかなり近い)。

・Focus on Formを徹底した負荷の高い実践的な授業により、生徒の嗜好・目的に応じた英語力が効率的に向上可能。

・留学後は、Brightureでもトップレベルの超絶ハイレベルな講師によるオンラインレッスンが受けられるので、超上級者でも必要な部分をスポット的に授業を受けるなどして、英語力向上可能。

3. Quooll

・ほとんどの留学生が切実に伸ばしたいと思っているスピーキングに特化した負荷の高いダイレクトメソッドレッスンが受けられる。

・経営者がタイで10年近くビジネス経験があるため、海外就職の面接・履歴書作成や、生活など要望に応じた英語指導も相談可能。

・講師の質が高いマニラでも10年以上経験のあるような、超ベテラン講師による超絶ハイクオリティーなレッスンの受講が可能。 経験豊富なため、かなりのレベル・要望に対応可能。

4. CNE1

・50種類以上のテキストを使用しているので幅広いニーズに対応可能

・正社員で長期勤めているスタッフがいるので、学習面・生活面で相談が非常にしやすく、英語学習・生活面での悩み解決がしやすい。

・選択肢が多くスタッフのサポートも手厚いので、自分にあったカリキュラムを構築していける。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加