フィリピンに1週間の短期留学って効果あるの? 極めて少ないが、目的に合った学校なら行く価値あり!!

フィリピンに1週間の短期留学って効果あるの? 極めて少ないが、目的に合った学校なら行く価値あり!!

はじめに 1~2週間の短期留学の費用について

 

何故か? 1週間の短期留学でも一人部屋の場合、格安校でも総費用20万円近くかかります(航空券・SSPなどの許可書などで意外と費用がかかる為)。

費用については以下の記事で詳細に説明しています。 その記事から総費用を見積もった表を添付いたします。

 

 

1週間なら格安校も、費用が高いと言われるようなBrightureでも15000円弱変わる程度です(さすがに複数人部屋だと結構費用変わりますけど)。2週間だと45000円近く変わるので結構変わりますね。

ただ、短期の場合正直学校の費用だけ見て学校を選ぶより、渡航時期を選べれるのなら安い時期に行ったほうが費用の節約になります(航空券費用往復で60000円と仮定してるのでこっから数万円安くなる可能性があります)。

 

 

■長期休暇の前後が狙い目
GW前の4月23~28日頃、GW後の5月5~13日頃、年末前の12月15~23日頃、年明け仕事始め後の1月6~15日頃が、航空券が最も安くなります。
カレンダー通りに仕事をしているタイプの人は難しいですが、可能ならこの時期を狙うのがおすすめです。
また、出発日は日、月、火、水、帰国日は金、土、水あたりが穴です。

 

とあります。 この時期は大学生の長期休暇と被らないので、生徒数も少なく結果的に、良い先生にもあたりやすいのでそういう意味でもオススメです。

 

基本的には短期の留学で英語力の向上を期待して留学するのはオススメしない

何故か? 実際に短期留学の感想について、複数の体験談が載ってるサイトがあったのでそれを見てみましょう。

最後の体験談以外、英語力の向上に言及せず、授業・生活や観光面での楽しさの言及が目立ちます。 最後の記事のみ英語力向上の足掛かりを掴めたという内容です。

 

観光・異国情緒を味わって心をリフレッシュさせたい。 そのうえで英語を使う楽しさを味わいたい。 そういう目的なら短期のフィリピン留学は非常にオススメです。

殆どの学校は、周囲の治安には気を使っており、週末のアクティビティなども用意しているので、アジア圏の初挑戦という意味では非常に良いと思います。

 

ただ、これらの体験談や、実際留学・学校運営・エージェントをやってきた経験で多数の生徒から話を聞いた印象を見ても、英語力を向上させるのを期待しての短期の留学は費用的に高額なので、私としてもオススメはしかねます。 それを検討する前に、日本で参考書を熟読・オンライン英会話など、安価で日本でも取り組めることをまずはしっかり取り組むことをオススメします。

 

短期の留学でもBrightureは英語力向上を実感できる!!! アジア就職の足掛かりを作りたいならQuoollもオススメ!!!

 

ただ、1週間の短期留学でもBrightureなら成長を実感できるということをエージェント時代に紹介した方や、他の体験者など複数の方から直接聞いています。

何故かを一緒に見ていきましょう。実際に私がいろんな体験者から聞いた話や、Brightureの体験談や感想の記事も交えながら、短期留学での英語力向上について一緒に考えていきましょう。

 

結論から言うと

・仕事で英語を使う環境に変わるので、短期でビジネスイングリッシュのエッセンスを習得したい。 

・現役の学生で研究室でプレゼンや論文を書くが、今まで練習したことが無いので、文章を書く力やプレゼン力が弱い人

・試験対策ばかりしてきてスコアは良いが、発音・英作文についてはさっぱり。なんとかそのコツを体得したい

ような方ならBrightureで1週間勉強すれば成長を実感して頂ける可能性は極めて高いと信じています。

 

1. 留学前に英語力チェックと事前学習についての指示が受けられる。

 

 

HPのカリキュラムにもある通り、事前面談による英会話力チェックと学習のゴールについて松井さんと面談します。 その結果に応じて事前学習と宿題が出されます。

仮に短期の留学でもしっかりと学習の指針を与えられて、勉強していけるというのはそれだけでも非常に価値があるでしょう。

 

2. 留学中には、自分の癖や弱点が明確化されてそこを徹底的に直されるので短期でも成長を実感できる。

まず以下の体験談を見てみましょう

 

ライティング授業では、自分の癖や弱点を見える化して、徹底的に直されるから1週間でも成長可能!!!

最初の1週間はライティングの質が低かったんです。書き方が雑でした。ライティングは2つあって、1つは記事を読んで要約するんですけど、コピペしてたんです。途中で、「これじゃあ君の意見が見えないから、要約はいいから意見を述べる書き方をして。」って言われて、だんだん負荷が上がってきて。最後の1週間は本当に大変でした。いい意味で。生徒を見て負荷を与えてると思います。

とあるように、論理構成のしっかりした文章の書きなれていない方(特に現役の大学生などは訓練する機会がないため苦手な人が多い)は、不要な情報や重複する情報を書いたりして、冗長な纏まりのない文章を書いていることが多いです。 また、数百ワードの長文を書くと、同じような表現(特に接続詞や副詞のような文章をつなぐ品詞!!!)を連発して、表現が稚拙になったりといった自分の癖や弱点が浮き彫りになります。

そういうのを徹底的に直された上で電子データとして見える化されるので、短期間でもその点を意識して改善することにより、短期間でも成長を実感することが可能です。

実際に私がエージェント時代に紹介した方は、TOEIC高得点(900 over)で、IELTSのライティングの勉強をされている上級者でしたが、1週間もしたら文章を書くスピードが明らかに上昇していた。 Brighture来て本当に良かったと仰ってました。

上級者で文章を書くのに慣れているような方でも1週間で成長を実感できたと明言しています。

 

とっつきが悪く、独学で習得が極めて難しい発音矯正も苦手な音・間違った音を一つ一つ徹底的に直すので短期でもかなり通じやすくなる!!!

上級者の方でも、正しい発音については学校で習う機会がない為、非常に習得に苦労するんですが、発音矯正の授業では 弱い発音・間違った音を出すたびに徹底的に正しい音が出せるまで直されるので、短期でも劇的に通じやすい発音ができるようになります。 

 

特に発音を強化したい場合で短期留学の場合は、松井さんにその旨を直接伝えるとコマ数を増やしてもらうなど柔軟に対応して頂けるそうなので、Brightureに興味あるけど、発音のコマ数が少ないから、別の発音矯正強い学校を検討している方は一度Brightureに相談をオススメ致します。

 

他校では学ぶのが難しい、実践的なビジネスイングリッシュのエッセンスが短期で習得できる。

最後にBrightureはビジネス系のカリキュラム(ビジネスコーチングとビジネスライティング)とソーシャルカンバセーションは短期の2週間でエッセンスを詰め込みます。

以下記事でも明言しましたが、実践的なビジネスイングリッシュを学べる学校はそもそもBrighture以外ほぼ無いと断言できます。

 

実際に2週間滞在した方で、欧米系外資企業に転職された上級者の方は、短期間でも実践的でタフなシチュエーションについて、訓練を受けることにより、かなり手ごたえを感じたということ伺っています。

 

 

やらない夫
まとめると、Brightureは他校が弱い発音・ライティング・ビジネスイングリッシュについて、講師の質・カリキュラムの負荷が非常に高いから、短期でもしっかり成長できるということだな。 他校はこの部分は弱い学校が殆どだから、そのあたりを強化したい場合本当にオススメだぞ。

 

ビジネスのようなフォーマルな言い回しを覚えてレベルアップしたい場合、以下の参考書をオススメします。 CDもゆっくりですし英語も平易なので簡単に覚えられますよ。 しかもそれで、十分こなれて丁寧な表現が頭に入ります。 

 

定期的に成績表として講師から綿密なフィードバックを貰えるので、今後の学習について明確な指針がたてられる。

金曜日に成績表をもらえるんですが、かなり綿密でよかったです。発音もこの音はよくて、この音は駄目とか。

短期の生徒は毎週で、長期だと隔週です。自分は4週間滞在して、1、2、4週間でもらいました。数字が適切なのかは正直疑問なんですけど。上がっていなかったら、先生自体の評価もありますし。前の週と今の週の比較もあるので。結構長いんですよ。評価が数字で出るのはモチベーション保つのによかったです。

よくスポーツに例えちゃうんですけど、どういうふうに強くなれるかは、どういうふうにメニューを組んでるかにかなり影響されると思うんです。ブライチャーがライティングと発音を重視してるのは、地味ですけど、やるべきことをやっている感じがしました。

このように、各科目ごとに、詳細なフィードバックと自分のレベルについて定量的に評価されるので自分の立ち位置・今後の課題が明確化されます。 これを指針にすれば帰国後の学習も非常に捗ることでしょう。

 

最後に、実際に1週間体験された方のブログの率直な感想を見てみましょう。

こんなに楽しいことがあったんだ、と久々に感動した瞬間でした。

自分で言うのも大変おこがましいですが、間違いなく今回の留学で英語力が伸びたと感じることができました。(もとが低すぎたのももちろんあります。)

1週間でこれだけ成長を感じることができるのだから1ヶ月単位でいられたらどれだけ伸びるのだろうとWaku-Wakuしてしまいます。

オプーナ
まさに It’s a match made in heaven.と心の底から思えるような留学だったみたいだな。一人でも多くそういう留学ができる人が増えることを心から願うぞ。

3.留学後はオンラインでBrightureでもトップクラスの講師のレッスンを受けられる(セブ校の卒業生は入学金+無料レッスンの特典付き!!?)

 

現在Brightureに留学されている方から情報提供を受けたんですが、現在Brightureでは遠隔レッスンを受けられるそうです。 詳細については書いてないですが、公式ブログでも言及されていますね。

こんな人はオンラインコースの方が向いています
日本にいたままオンライン英会話を定期的にした方がいいのか、それとも例え短期でもフィリピンに留学した方がいいのか? これは結局、その人のニーズ次第です。

渋谷校で教えているBrightureでも特に優秀な先生が在籍しているので、卒業後も現地以上のクオリティでBrightureの授業を受けることが可能です。 セブ校卒業生の場合、入学金と体験レッスン数回分無料になるようです(詳細は不明なので、実際に学校に問い合わせてください。 仮に短期留学でも無料で数回レッスン受けられるのなら、他校より超お得です)。

 

特に渋谷校の講師であれば仮に欧米のトップスクールのMBAや大学院入学を狙うような超上級者レベルの人でも、満足して頂けるレベルの講師だと確信しています。

他校でこのレベルの講師とカリキュラムを抱えている学校はほぼ絶無なので、可能なら一度渋谷校で体験レッスンを受けてみることをオススメ致します。

 

Brightureへの問い合わせはこちらのHPからどうぞ

 

講師の実力に関しては疑いようもなく優秀ですが、どうしても上達に時間がかかる会話力を中心に高めるレッスンなので、短期で成長を実感できるかは自信がないですが、アジア就職を考えている方は、短期留学先の候補としてQuoollもオススメです。

経営者が海外就職でバリバリキャリアアップに成功された方なので、アジア就職や、現地語(特にタイ)習得などについては他校とは別次元の良質な情報を得ることが可能です。

この学校を足掛かりにアジアでのキャリア構築をしていけば、海外就職の経験が無い・浅いエージェントや、他校の担当者のサポートを受けるより飛躍的に成功率は高まるのは間違いないでしょう。

Quoollへの問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加