元留学エージェントが教える。 学校の選び方(オススメ学校一覧つき)

元留学エージェントが教える。 学校の選び方(オススメ学校一覧つき)

https://www.cega-jp.com/フィリピンの学校多すぎ・・・どこを選べばいいの?

フィリピンには語学学校が数百校あると言われています。
実際には、無許可の私塾みたいなところもあるので、正確な数は把握しきれていません。

ただ、最低限 以下3点はホームページで確認してスクリーニングしましょう。そうすると悪質な学校に引っかかる可能性を減らせます。

気になった学校があれば留学ラジオの記事を参考にしてみるとさらに良いでしょう。 あと中谷氏著作の英語はフィリピンで学べを一読することを強くオススメ致します。

 

実はホームページの情報だけで、悪質な学校を避けるのは困難なので、あんまり時間をかけて自分で細かくスクリーニングするのはオススメしません。

留学ラジオの記事は大変参考になりますが、それの熟読にかまけて事前学習に身が入らなければ本末転倒です。どんな素晴らしい学校でも基礎学力の養成なしにその環境を活かしきることはできません。

それにそこに体験談が載ってなくても良い学校はあります(特に新設校の場合)。 どうしても気になる場合私にDM等で問い合わせてください。学校名出して具体的に知ってる限りお伝えします。

 

1. 政府から学校としての認定を受けてるか(TESDA,SSP)

TESDA(学校がとる政府の認定証)
SSP(観光ビザでも学校で勉強するための許可 現地でお金を払って生徒が取る)

を取ってる学校にしましょう。

この許可と手続きがないと、突然入国管理局が来て失意の強制帰国する可能性があります。

 

日本人が居ない、小規模な学校がいいとか言って、自分で調べていくとそういう学校に当たるかもしれませんので、

ホームページにTESDA,SSPについて明記してらうか確認してから行ってください。 日本人資本の学校ならほぼ取ってるので、そこまで気にしなくてOK。

2.日本人向けのカリキュラム・食事を提供しているか

勉強に集中するには、この2つは絶対抑えておいたほうがいいです。

食事が合わないとかなりのストレスですし、外食するにしても、勉強時間とお金がかなり削られます(ちなみに外食の場合は1食200~500円位かかります)。 少なくとも宿舎の近くに複数のレストランなどがある学校がいいです。

オプーナ
数か月以上の場合、食事は勉強と同等以上に重要だぞ。本気で勉強すると食事位しか楽しみが無いのに、しょぼい食事だとストレス溜まって、下手すると体を壊してしまうぞ。

食事についてはHPに例が載っていることが多いのでそれを参考にするとよいです。 夕食だけ豪華で朝食は超しょぼかったりするので過信は禁物ですけど。 紹介してる写真が既に質素な場合は正直覚悟したほうが良いです。 写真では美味しそうでも、日本より大分濃いめの味付けで飽きやすいので、そこそこ食べられそうだと思っても長期の場合は飽きる可能性高いです。

 

カリキュラムについて

当たり前ですけど、学校側がカリキュラムに対してこだわっているところはホームページで熱い思いを語っているのでしっかりチェックして下さい。特に、全体的なカリキュラムの監修・構築をしている人が居る学校は、各科目・レベルごとに授業が連携しているのでしっかり英語力を伸ばせるのでオススメです。

もうひとつ、講師のトレーニングについては、かなり手間と費用がかかるのですが、
どのように行っているか、明記してあるところは教育に力を入れている可能性が高いのでそこもチェックしておくと良いです。

やらない夫
調べる時間が無くても、少なくとも学校のカリキュラムは自分が納得できる学校を選ぶと良いだろ。納得できないカリキュラムじゃ、勉強にも身が入らないしな。

 

逆に使っている教材や、カリキュラムについて詳しい説明がないところは、フィリピン人講師にカリキュラムを丸投げしていて、講師が持ち込んだ韓国版の教科書をコピーして使っている学校があります。 こういう学校はビックリする位英語力が伸びないので、少しでも違和感があったら避けましょう。 

3. 日本人スタッフのサポートが受けられるか

フィリピンのセブ島って綺麗なビーチのイメージを持って、現地に行くと、暑いわ、空気汚くて埃っぽいわで現地の洗礼を浴びて喉が破壊されて体調を崩す方が多数いらっしゃいます(体感15~20%程度以上)。

学校生活についても、購入したいものがあるけどどこに行けば購入できるかわからないとか、ちょっとしたトラブル(部屋の備品が壊れたりとか、自分の席の周りが騒がしくて勉強に集中できないとか)は起こりえます。

こういう時に、窓口になってサポートしてくれる日本人スタッフが居ると、対応してもらえるので安心して留学できます。

でっていう
例えば、気候などが合わずに体調を崩し病院に連れて行ってもらうなどの場合に、初級者が英語しか伝わらない、韓国人スタッフしかいない学校や、殆ど経験の無い日本人インターンに安心して頼ることができるかっていう話。

日本人経営者、もしくは正社員のスタッフが現地に滞在していることが判明している学校に行きましょう。特に初級者の方はそういう学校以外はオススメしません。 以外と細かいトラブルが多いので・・・。 

 

学校スタッフがインターンだけとかサポートがあまりにも弱い学校は、カリキュラムが良くてもオススメしません。

 

オススメの学校一覧

最後に オススメの学校一覧です。基本的にはエージェントを通してない学校は広告などの費用を、生徒に還元してる可能性が高いので、積極的にオススメしています。ただ、一部エージェントを通している学校も含みます。 私がホームページや体験談を読んで基準としているある学校より英語力が上がりそうな学校を選んでます。

 

3行で特徴を伝えるので、興味ある学校があれば公式ページのリンクをご覧ください。あとオススメ体験談のリンク載せときます。

 

1. Brighture
・他校とは別次元レベルの講師陣
・他校が苦手な ビジネス英語・作文・発音矯正に強み
・宿題多く寝る暇ないくらい忙しいので少し覚悟は必要

※体験談当時とカリキュラムや宿泊先など大分改善されていて現在は大分変わっています。 雰囲気や講師の質の参考にして下さい。

またこの方他校の体験談もありますのでよろしければ併せてごらんください。

2. Quooll
・ 食事が凄く美味しい。寮も住みやすい・なのに格安
・優秀なマニラ出身の、超ベテラン講師による。超絶ハイクオリティのメソッドレッスン。
・アジア(特にタイ)就職の良質な情報・サポート

※ 開校当時と違い大分カリキュラムなどが進化したそうなので、オススメ体験談は無しとします。 公開されてから追記予定です。

3. Sous Peak
・発音矯正に強み
・日本語教材を使った、徹底的に管理されたカリキュラム
・食事・洗濯などの雑務に気を遣わず学習に集中できる

4. English Breakthrough
・フィリピン留学最安!!??の学校
・学長直々のグループレッスン
・講師のトレーニングも学長の肝煎り マニラ学園都市で優秀な講師陣

5. ZEN English
・食事美味しい・ホテル滞在で快適
・学則がそこまで厳しくないので休日は観光も楽しめる
・スタッフがTOEIC900点以上で学習アドバイス貰える

 

6. HOWDY
・語学学校でブッチギリで一番おいしいと評判の食事
・水回り・ベッドにも拘った快適な住環境
・教育学の権威タンパス博士が全面監修したカリキュラム

7.Aspire

・経営者自らの手厚い学習カウンセリング

・一人部屋でも格安の料金体系

・自然豊かな土地でダイビング等リゾート感満喫できる留学が可能(実はセブはそれほどリゾート感ないです)。

8 CNE1

・周りに遊ぶ場所も少なく勉強に集中しやすい環境
・日本人経営者・正社員スタッフによる 超手厚いサポート
・ クラブ活動)によってメリハリをつけて、フィリピン生活の醍醐味も十分楽しめる!

9.CEGA

・DMEメソッドによるスピーキング力・リスニング力強化

・ベテラン講師が多く教えるスキルが高い先生が多い。

・オーナーの小仲夫妻が現地に常駐しているのでサポートが手厚く、食事も日本食に近くて美味しい。

 

10.友人塾

・敷地内で野菜・お米を育ててる自然豊かな環境でリフレッシュに最適。

・育てた野菜・お米を使った健康的で美味しい食事

・ボランティア・インターンなど現地についてより深くかかわる体験が色々できる。

※ 友人塾はカリキュラムが不明でHPを拝見して頂いてわかるように出会いや自然との触れ合いを大切にする学校なので勉強するよりも、現地の自然や生活に触れあいたい層やシニアにオススメとします。

※ 新設校のため、体験談はございませんでした。今後面白い体験談が公開されたら追記します。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加