フィリピン留学で 欧米圏で働くレベルの英語を学ぶのは難しい 自信をもってオススメできるのはBrightureだけ!!

フィリピン留学で 欧米圏で働くレベルの英語を学ぶのは難しい 自信をもってオススメできるのはBrightureだけ!!

欧米留学・企業で働く前のプレ留学先としてのフィリピン留学はBrighture以外はそれほど魅力的でない

<
英語を子供の頃から喋りなれているフィリピンの人なら全員英語もペラペラで、学校ごとに講師の質やカリキュラムなんてそんなに変わらないんじゃない?なんて思っている貴方、

私の主張を聞いて下さい。

結論から言うと
フィリピン留学でアカデミックな論述・議論やビジネスイングリッシュといった欧米圏MBA取得や、欧米圏の会社での実務レベルの英語を学びたい場合は

しか自信をもってオススメできません。

何故か語学学校の以下の実情を知っておいてください。

1. 語学学校乱立による広告費の高騰

フィリピンの語学学校は数百校くらいあります。 この中から、まず、お客様に存在を知ってもらわないと始まらないんですが、その為に広告費がかかるというのは容易に想像して頂けるかと思います。

実際は語学学校が独自に広告を売って自分で学生を集める場合と、留学エージェントに紹介料を払って学生を集めるパターンがあります。エージェントを通しているところは(殆どの学校ですけど)、広告費や紹介料でコストがかかっているので、学校運営に使っている費用もそれだけ割り引かれるので注意して下さい

そもそも定員が数十人の小規模校の場合、学校運営だけでもギリギリの人数でやっているところが多く、集客のために人を雇うほうがコストがかかるので、エージェントに集客して貰わざるをえないという実情もあります。

ただ、その集客に要した費用は授業のカリキュラム・講師の給料などにしわよせがいくことになります。

2.不安定な雇用と割安な給料による講師業の魅力の薄さ

ちなみに1 PHP(ペソ) = 2.5円として計算してます(チョイ高めのレート)

フィリピンの語学学校の講師って基本的に大卒以上しか採用されないんですが、
給料って月給が9,000ペソ〜20,000(約22500円 ~ 50000円)ペソくらいです。
実際私が勤めていた学校で正規の先生でも 10000 ペソ(約25000円)前後、別の学校で少し待遇がよいところでも1万数千ペソ(30000円弱)くらいでした。

これがオンライン英会話の先生になるとさらに安くて、6000~10000ペソ位です(15000~25000円位)

じゃあ、語学学校の先生が転職先として、選ぶことが多い職種の給料はと言うと・・・・

私立学校の先生 20000ペソ~ (約50000円~)
公立学校の先生 30000ペソ~ (約75000円~)
コールセンター勤務 20000ペソ~(約50000円~)
と、ハッキリ言って殆どの学校の給料じゃあ給料的にはそれほど魅力のある職業じゃありません。
さらに語学学校って、大学の長期休暇の季節(3~4, 8~9,年末年始)は、大学生などが大挙して留学に来るので、 この時期はそれほど労せずに宿舎も・教員もほぼフル稼働で廻せます。

それ以外の時期は留学希望者が激減するので、教員が不要になり、下手すると半分近く解雇されます(特に大規模校の場合)。
このように不安定な雇用形態の上に、給料も他業種と比較して良いわけではないため、講師としての経験を十分に積んだベテラン(5年とか10年以上)が育ちにくい環境にあります。

Brightureの場合は、語学学校の先生が転職候補先に選ぶ職業と同等以上の給料を払ってますし、採用・トレーニングも厳格に適用しています。 ビジネスイングリッシュのカリキュラムも、実際に米系企業でマネージャー経験のある松井氏が直々の考案した実践的カリキュラムとなっています。

 

他のビジネスイングリッシュも教えられますよ~なんて言ってる学校でも、実際には古いビジネス系の書籍を読んだり、マニュアル的に授業を進めるだったりする学校が多いので注意!!! そんな学校じゃ実践で使うビジネス英語を鍛えることはできません。

実はフィリピン留学に来る人で、ビジネスイングリッシュを学びたい人自体が少ないので、他の学校だとカリキュラムが整備されてない可能性が極めて高いです。 

3. 学習環境の悪さからくる、講師・教材の質の低さ

アカデミックな内容や、ビジネスで実際に使える英語の学習を希望される場合これが一番問題かもしれません。

フィリピンの教育制度って、
初等教育 6年(小学校にあたる)
中等教育 4年 (中学・高校に当たる)
大学       4年
なので、大卒と言っても日本だと短大卒相当です。

※2013年より教育制度が変わり、初等教育6年-中等教育4年-高等教育2年に変更になり 年数だけなら日本と同じになりました。ただ、急激にカリキュラムが変わったこともあり、ESL講師が採用されても経験を積んで実際に効果がでてくるには10年近く(2023年くらいまで)かかるんじゃないかぁと思います(大学院で奨学金を貰っているような学生の授業を受けたけど、学力的に他の先生より上ではなかったので)。

しかも、インターネットは日本より回線速度は遥かに劣りますし、書店に行っても、本の数自体が多くないですし、古い内容の本が多いです。本の値段も日本と同じくらいするので、現地の人は気軽に買えません(月給2~3万円の世界ですしね)。

このように、現地の学習環境というのは、日本と比較にならないほど悪く、最新の情報に触れにくい環境にあります。
なので、最新のトピックで論述とか、ビジネスの分野でディスカッションというような実務レベルで使う英語については、カリキュラム的にも、講師のレベル的にも到底対応ができない学校が殆どです。

このことは頭に入れておいてほしいです。

 

体験談から考えるBrightureのカリキュラムの魅力と講師の質について

おいおい、欧米ネイティブレベルとやりとり考えたら、フィリピン留学なんてネガティブな情報ばっかじゃねーか。 じゃあBrightureはどうなんだ!!??って突っ込みは最もです。これに関しては以下の体験談を見てください。

 

ライティングの授業の風景について引用します。
8ページありました(注 : 宿題で読んだ記事が)。オーガニック野菜とジェネリック、遺伝子操作の食糧との、2つの業界を色々と見比べて、アメリカでお互い中傷合戦してるんですよ。お互いの手の内を全部バラして、お互いのデメリットとメリットも書いて。作者は完全に自分の意見は伏せているんです。読者に考えさせる高度な論文なんです。これは新聞から取ってきたマテリアルで。結構な難易度ですよね。それをサマリーして、論拠していく訳ですよ。

どうでしょう?Brightureの授業なら MBA・欧米留学・企業などの実務・アカデミックレベルの事前学習にも耐えうる濃密な内容だと思いませんか?

実際、MBAとか、海外のトップ校に留学を狙うレベルの人がどんなエッセイを書いているかについては(先ほどのミツさんも相当の英語力ですが)
英語教育に携わっている神崎正哉先生の公式ブログの

で公開されているので参考にして下さい。
上手すぎて呆然としますよ。 冗談抜きに。

体験談については以下を参照してください。

大学で英語を教えているレベルの方でも、非常に勉強になった。
という旨のコメントを残されていますので、欧米留学・企業・MBA等を目指す方でも、安心して留学して下さい。

むしろこういうレベルの方こそ先述した理由もありBrightureを強くオススメ致します。

 

※2018年11/7修正

松井さんが直接授業を持つことは原則ありません。

宿泊先は 2018年7月以降BIGホテルからJ Centre Mall内の東横インに代わり利便性が大幅に上昇しました。 湯船つき、ご飯と味噌汁も食べられて非常に満足度高い滞在先になったそうです。 詳しくは下記記事をご参照下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加